最近の小中高生の中には、しゃがんでじっとすることが出来ない乳児が多いと聞いたことがあります。
しゃがむというのは、膝を曲げてお尻をつかずに浮かせたときの事ですが、
どうしてそれが出来ないのかというと和式便所による機会が極端に減って、しゃがむときに使う脚の筋肉が減ってしまったから、についてでした。

その拠り所が本当かどうかはわかりませんが、
現に「しゃがむ」ことが出来ない乳児が増えているのは事例らしいです。
和式便所を見たことがない子供たちが多くいるについてにも驚きました。

必ずや、公共建屋や広大超絶の便所も和式便所を見る局面は減りました。
洋式便所が主流となっていて、ほとんどの便所でウォシュレット能力がついていらっしゃる。
ぼくが昔は様式のほうが数量が早く、学院の便所もだいたい和式だったのですが
今は時が変わったのですね。

家の中でも洋式、外に出ても洋式ならば、しゃがむパフォーマンスは殆ど終わるかもしれません。
そんなふうに考えると日常のちっちゃなパフォーマンス一つにしても、積み重ねれば大きな変化に繋がるんだなぁとしみじみ思ってしまうのでした。家や車などを残せる債務整理はありませんか?

久方ぶりの休日で配達をめぐってきました。特売を通じていたので割引きステッカーが貼られていた衣類を大量に買い込んでしまいました。これから夏服も終わりなので一気に安くなっていたのは助かりました。今期着なくても夏は翌年もありますし、もしかして今年もまったく着る機会があるかもしれません。衣類はいいと思ったものがある時に買って置くに限ります。前もって少ないアパートですがどんどん割引きされていると知るとポケットの紐も緩んでしまうというものです。しかも今回に限って自己流の似合う色調の衣類がいっぱい並んでいていくらでも籠に入れて行ってしまいました。暫く衣類はいいかな、と思えるくらいです。不思議なもので買いたい衣類が並んでいる時はどのお店をめぐっても並んでいるのが曲者です。でも今日は好きな衣類が沢山買えたので歓びでウキウキしています。それでは明日から降雨との危惧なので今日の内に洗濯して必要になったらすぐに着られるようにしておく項目にします。こういう暑い季節がいつまで続くか分かったものではありませんので。自己破産 から人生を再生することができました

今夏も非常に暑かったです。昔は30度を超えると今日は暑いなあと言っていましたが、もはや夏になると30度を超えるのは当たり前で、35たびを超えたら今日は暑いなと言っています。昔に比べて5たびも法則が変わっています。世界的にも疾患天候は起きていてサクサクスタンダード温度は上がっています。原因は二酸化炭素の放出が増えていてオゾンカテゴリーが破壊されていることですが、確かにUVの強さは感じます。インターナショナル話し合いで二酸化炭素の放出を制限する動きはでていますがどこまで変わるのかなと決して要求はもてません。地球の気温があがり、外部で仕事をしている奴は労働は過酷です。建設フィールドの働き手は足りていないですが、就きたくない気持ちはわかります。ミッドサマーは労働時間を変えるようなことができたらいいいなと思います。昼間は自宅で過ごし、気持ちいい局面に外に出るように。ただし今の者で支配されている日本ではそのようなことは難しいでしょう。台風が北海道にレポートしたり疾患天候が心配です。利息を払うだけで精一杯だと返済は終わりません

最近友人とサンリオピューロランドに行ってきた。
ライフスタイルでやっと行った。
行く前の人づては、あんまりかわいらしくなかった。
行ったことのある人たちは、
「うーん、子どもにはいいけど、大人はめったに楽しめないというよ」
はばかりだった。

けれども結果として、不条理面白かった。
個人的にはディズニーランドと並ぶくらいよかった。

何が良かったかというと、ほどよい抜け隔たりというか、人物や施設のなかに人間の現実さが垣間見れるのがマニアだった。

少ないミュージカル劇を観たのだが、その主人物が死んだ。
主役がいじめられ、土下座をさせられ住居を追い出されていた。
最終的に住居が火事になっていた。

よもや劇インサイドといえど、こどもの国のサンリオピューロランドで死人が出るは思わず、土下座を見るとはなんとなく
内訳も大人用ではないけど小児用も絶対に弱い、そのシュールさが誠に面白かった。

グリーティングで一緒に画像を撮れるうさぎのヒーローの指がしっかり5ガイドあった。

そういった、子どもには楽しくて、大人には指摘の入れどころのある内訳が楽しくて、
オープンから閉演まで遊びつくしてしまった。

とにかくまた行きたいという。まずは取り立てが止まるだけでも安心できます

今日からまた1週が始まりました。
小児はゼミナールへ、主人は労働に行きました。
風邪ひきな俺と娘はお無視しました。
手早く治したいので主人に病院に行くかもと
メルアドしたのですが今日は娘も幼稚園を
休んでるし外は暴風雨なので外に出てほしく
ないと言われました。前日から市販の薬を
飲んでいてさほど効かないので病棟にと
思ったのですが主人が買った流感薬がある
のでそれを飲んでみてとの事でした。
なので、ともかく主人が買った薬でまた
様子をみる部分になりました。今一つ薬を
変えたりとかって良くないですよね。
けれどもそれで治ってくれれば病棟値段はかから
ないので嬉しいですが。
それよりも夜ごはんを買ってきてくれるとか
してくれたら再び嬉しいですよね。
身内からの人懐っこい言語は最強の薬です。
けれどもまったく娘からしかOK?と心配して
もらっていません。寂しいですね。
小児は雨量が降ってましたがたちまちやむよと
言って長靴ではなくスニーカーでゼミナールに
行きました。短く天気になればいいなと
思いますが朝から今もどんどん雨量ですね。借金があるというだけで人格まで否定されてしまうことがあります

近頃傍とサンリオピューロランドに行ってきた。
将来で何とか行った。
行く前のうわさは、大してかわいくなかった。
行ったことのある人たちは、
「うーん、こどもにはいいけど、おとなはきちんと楽しめないというよ」
はばかりだった。

けれども結果として、筋違い面白かった。
個人的にはディズニーランドと並ぶくらいよかった。

何が良かったかというと、ほどよい抜け期間というか、性分や建屋のなかに人間のリアルさが垣間見れるのがびいきだった。

少ないミュージカル劇を観たのだが、そのメイン性分が死んだ。
主役がいじめられ、土下座をさせられ我が家を追い出されていた。
最終的に我が家が火事になっていた。

本当に劇インサイドといえど、こどもの国のサンリオピューロランドで死人が出るは思わず、土下座を見るとははからずも
用件もおとな限定ではないけど幼子限定も絶対に無い、そのシュールさがいやに面白かった。

グリーティングで一緒に写真を撮れるうさぎの人格の指がバッチリ5マガジンあった。

そんな、こどもには楽しくて、大人には指摘の入れどころのある用件が楽しくて、
オープンから閉演まで遊びつくしてしまった。

できるだけまた行きたいという。給料が入ったのにすぐになくなるのは苦しいです